この資格について

アスリートフードマイスターとは

アスリートフードマイスターとは
スポーツに必要な体作りや、体を動かすのに必要なエネルギーは、すべて「食べたもの」から得られますね。
つまり、スポーツを楽しむために、食事は非常に重要な役割を果たします。
でも意外にわからないこと、疑問がたくさんありませんか?

正しい食事をしたからといって、すぐにスポーツで良い成績がとれるとは限りません。
しかし、間違った食事をしたら、スポーツの成績は間違いなく落ちます。
たとえば、食後にスポーツをしたらお腹が痛くなり、良いプレーができなかった、という経験、お持ちの方も多いことでしょう。
練習の後の疲れがなかなか取れない、という経験をお持ちの方も、多いことでしょう。
これらは、「食べるタイミング」、「食べるもの」、「食べ方」が間違っているために起きる現象です。

いつ、何を、どのように食べれば、お腹が痛くなるのを防ぐことができるのでしょうか?
いつ、何を、どのように食べれば、練習の後の疲れをスムーズに取ることができるのでしょうか?

そうした、「スポーツのための食事学」を伝える人が、アスリートフードマイスターです。

スポーツで根幹となる私たちの身体は、毎日の食事が基本になっています。
正しい食事が、運動能力や競技能力の向上にすぐに影響を与えるとは限りませんが、プレー時のコンディションとは深い関係を持っています。

つまり、スポーツを楽しむために、「食事で失敗しないこと」は最低の必要条件なのです。

「食事で失敗しない」ために、以下のようなスキルを身につけるのが、アスリートフードマイスター養成講座です。

  • 競技別、年齢別、タイミング別に食事を設計することができる
  • 従来の難しい食事指導を、分かりやすく伝えることができる
  • 栄養性や安全性に十分配慮した素材を選ぶことができる
  • 栄養素を中心とした食事指導だけでなく、食の楽しみ・重要性を伝えることができる

アスリートフードマイスターのもたらす価値

アスリートに対してもたらす価値 アスリートの家族に対してもたらす価値
  • 「いつ」「何を」「どのように」食べたらよいかが分かります。
  • 食事をトレーニングの一部として考えることができるようになります。
  • 「いつ」「何を」「どのように」食べさせたらよいかが分かります。
  • 食で家族を応援しているという実感が得られます。

こんな方に受けて欲しい!

アスリートの方 アスリートを応援・指導する立場の方
  • ランナー
  • トライアスロン
  • 野球
  • サッカー
  • テニス
  • ゴルフ
  • バスケットボール
  • バレーボール
など、スポーツ愛好者の方
  • 部活動などに真剣にとりくむ家族を食で応援したい方
  • アスリートのパートナーを食で応援したい方
  • マネージャーとしてチームのサポートをされている方
  • チームの監督、コーチなど指導者的立場の方

資格取得後の活躍の場

ワークショップ&イベント
  • 継続的なスキルアップができる。
  • 選手として、サポート側として、第一線の活躍経験のある方を招いての勉強会の場も。
修了生交流会
  • アスリート同士、サポート側同士、またはアスリートとサポート側とで情報交換やネットワークづくりができる。
  • 様々なバックグラウンドを持った修了生との交流の場も。
各種イベントでの講師
  • 自分の知識や経験を伝えることができる。
  • 様々なイベントでの登壇やカルチャースクールでの講師など。

※上記を含め、様々な計画をしております。

お問い合わせはこちらコース詳細はこちら
page top