コースのご案内

アスリートフードマイスター養成講座は、アスリートをより深く理解し、食のサポートができる人材を育成するため、アスリートの「食」と「身体」について理解を深める3つのコースをご用意しています。

アスリートフードマイスター3級コース

「スポーツのための食事学」の基礎知識を中心に学びます。身につけた知識を自分や家族の食生活に役立てることを目指します。

アスリートフードマイスター2級コース

アスリートの食事マネジメントを担える人を目指します。
アスリートをより深く理解するため身体のメカニズム、栄養学、競技者とのコミュニケーション手法を学びます。

アスリートフードマイスター1級コース

ゴールイメージは、高度な健康管理を要求するプロやハイアマチュアアスリートに帯同する、“メンター”としてのアスリートフードマイスター。栄養管理、ケガや病気の予防と治療の事例研究、医療との連携方法などを学び、コーチングの手法を用いてサポートする力を身につけます。

アスリートボディケア・セルフトレーナー

アスリートへの理解を深めるために、身体の機能や構造を知り、ボディケアの基礎知識と技術を学ぶコースです。

アスリートフードマイスターのもたらす価値

アスリート

  • 「いつ」「何を」「どのように」食べたらよいか等、食事計画が立てられるようになります。
  • 食事をトレーニングの一部として考え、怪我や疲労から身を守る方法が身につきます。

アスリートをサポートする人

  • 「いつ」「何を」「どのように」食べたらよいか、提案できるようになります。
  • 食を通じて、アスリートの資本である身体作りに貢献し、選手生活の持続を助けます。
  • 食材選びのポイントを理解し、育ち盛りのジュニア世代を食でサポートすることができます。

パフォーマンスを最大化するための「年齢別」「競技別」「タイミング別」とは。

1 年齢別

成長期である10代の高校野球児と50代のマラソンランナーでは、摂取すべき栄養素も食事量も異なります。年齢に応じた総合的な食のサポートを行うことが必要です。

1 競技別

スポーツの種目によって、瞬発力や持久力など重要視される能力は異なります。種目ごとに必要とされる能力を理解し、食のサポートを行うことが必要です。

1 タイミング別

種目によっては、オンシーズンやトレーニングシーズンがあり、時期によって運動量や運動の目的が異なります。1年間で、どの時期にどんな栄養素をどれくらい摂取すべきかを計画していくことが必要です。

こんな方に受けて欲しい!

アスリートの方

種目問わず、幅広い範囲のスポーツに対応できます。

アスリートを応援・指導する立場の方
  • 部活動などに真剣にとりくむ家族を食で応援したい方
  • アスリートのパートナーを食で応援したい方
  • マネージャーとしてチームのサポートをされている方
  • チームの監督、コーチなど指導者的立場の方

資格取得者の活動と活躍の場

ワークショップ&イベント

資格取得後も継続的にスキルアップができる場を提供しています。アスリートとして、第一線で活躍している方を招いての勉強会も随時開催しています。

資格取得者交流会

受講生・資格取得者同士の情報交換やネットワークづくりの場として活用いただけます。

イベント講師

自分の知識や経験を伝えることができます。当社主催のイベント講師はもちろん、資格取得者からのこんな企画がしたい!というご要望・ご相談にも応じます。

資格取得者のための会員制度をご用意しております。詳細はこちらをご覧ください。

資格取得者の声